ユクとゆく

宮古島で保護された犬、ユクとの暮らし。

儚きもの。私たちの幸運。

茶の湯に関わっていると、年末年始がずっと忙しい。風炉から炉に変わる十一月に炉開きというものを行うが、これは「茶人の正月」と呼ばれている。十一月からすでにお正月が始まったような気持ちになる。十二月には正月への備えを始める意味で、事始めという…

息子ITサポートセンター。ピリッとしなかった犬。

四国に住む父親に会いに行った。田舎は個人に割り当てられている面積が、どこに行っても広い。つまり、人口密度が低いということだ。自動車も余裕をもって走ることができる。いや、昔ながらの田んぼ横の農道などは狭いし、夜は暗いので、通る道による。が、…

久しぶりの飛行機。甘やかされる犬。

少なくとも二年は乗っていなかったか。とても久しぶりに飛行機に乗った。大阪から搭乗した。パンデミックを抜ける小さな穴が見つかったような空気が世の中に流れてきた。空港へと向かうモノレールの中でも大きなスーツケースを転がしたご婦人二人が賑やかに…

再会にピリッとした犬。

過日。三泊四日の出張で、しばらく家を空けた。ユクと三日離れるのは初めてだったかもしれない。ひょっとしたら、帰宅したときには飛び跳ねて再会の喜びを表現してくれるのではなかろうか、と考えた。 四日間の犬の世話すべてを妻にお願いした。世話は大変だ…

おじいちゃんのお墓参り

国の要請で、県をまたいだ移動をしないでください、とのことだったので、この二年間、毎年行く初詣やお墓参りなどを自粛してきた。このまま神社やお墓参りに行かない人間になるのも嫌なので、そろそろ行きたいな、と考えていた。非常事態宣言も解かれている…